翻訳ソフトウェアとは

コンピュータ上である言語を別の言語に翻訳するためのプログラム

翻訳ソフトウェアによる翻訳の生産性と効率の向上

翻訳に特化したソフトウェアは、より高い品質での翻訳のスピードアップに役立つため、多くの翻訳者に使用されるようになってきました。

市場にはさまざまな翻訳ソフトウェアが登場しており、企業や翻訳会社が個人の翻訳者にこれらのツールの使用を求めることが多くなっています。

用途に合わせた翻訳ソフトウェアの数々

市場にはさまざまな翻訳ソフトウェアがあります。 ここでは、一般的な翻訳テクノロジをいくつかご紹介します。 SDL Trados Studioを代表とする翻訳ツールの多くには、次のようなテクノロジが含まれています。

翻訳メモリ

翻訳メモリとは、翻訳資産を再使用できるように、翻訳を「翻訳単位」と呼ばれる原文と訳文のセットとして収集する言語データベースです。

メリット:同じ文を繰り返し翻訳する必要がないため、翻訳作業がスピードアップします。

用語集管理

用語集とは、用語(製品固有の用語など)と用語の使用に関するルール(文法上の性や定義など)が登録された検索可能なデータベースです。

メリット:常に最適な用語を使用できるため、翻訳品質が向上します。

機械翻訳(自動翻訳)

人ではなくコンピュータによる翻訳です。 自動翻訳システムには、ルールベースのものと統計ベースのものがあります。

メリット:既存の翻訳環境(SDL Trados Studioなど)に統合して、新規コンテンツの翻訳をスピードアップさせることができます。

ソフトウェアローカリゼーション

SDL Passoloなどのツールは、ソフトウェアに含まれているあらゆる要素(ストリング、メニューダイアログ、アイコンなど)のローカライズに役立ちます。

メリット:ソフトウェアローカリゼーションにおいて、まったく新しいコンテンツを翻訳する際に多くの技術的な作業をスピードアップできます。

翻訳ソフトウェアの必要性

多くの翻訳者が最新の翻訳ソフトウェアを導入する理由は、実にさまざまです。 主な理由は、以下のとおりです。

  • 翻訳プロジェクトをより短期間で容易に完了できる
  • より多くの翻訳作業をこなし、収益を上げられる
  • 翻訳の一貫性と品質が向上する
  • 優秀な人材として評価される