機械翻訳とは

人が関与せず、コンピュータでテキストを翻訳

翻訳の生産性向上とスピードアップ

機械翻訳をSDL Trados Studio環境で使用すると、より多くのコンテンツを迅速に翻訳できます。

SDL Trados Studioソフトウェアでは、さまざまな機械翻訳エンジンをサポートしています。

機械翻訳とは

人が関与せず、コンピュータでテキストを翻訳する機能です。機械翻訳は1950年代に登場し、自動翻訳や即時翻訳とも呼ばれています。

SDLの機械翻訳の機能にはどのようなものがありますか?

また、コンテンツ集約型のエンタープライズビジネスプロセスのサポートを求めているユーザーには、SDLの機械翻訳も提供しています。

機械翻訳の仕組みとは?

機械翻訳システムには、ルールベース、統計ベース、ニューラルの3種類があります。

  • ルールベースシステムでは、言語ルールと文法ルールの組み合わせに加え、一般用語辞書を使用します。さらに、専門辞書を作成して、特定の業種や分野に絞り込むことができます。ルールベースシステムは通常、専門辞書でトレーニングすることで、正確な用語を用いた一貫性のある翻訳を実現できます。
  • 統計ベースシステムには言語ルールの知識がありません。代わりに、各言語ペアに関する大量のデータを分析して、翻訳を「学習」します。必要な部門に関連する追加データを使用し、特定の業種や分野向けにシステムをトレーニングすることもできます。統計ベースシステムの翻訳は通常、より自然な表現に仕上がりますが、一貫性は低くなります。
  • ニューラル機械翻訳(NMT)は、脳をモデルにしたマルチ処理デバイスである1つの大規模なニューラルネットワークを通じて機械に翻訳を学習させる新たなアプローチです。このアプローチは、MT研究者や開発者の間で人気が高まっています。学習したNMTシステムは、多くの言語ペアにおいて、語句に基づいた統計ベースの翻訳よりも優れた翻訳パフォーマンスを見せ始めています。

どのような場合に機械翻訳を使用するのでしょうか。

SDL Trados Studioで翻訳する場合、翻訳メモリに一致がなかった分節を自動的に機械翻訳することができます。その後、翻訳者が対象分節を必要に応じてレビュー、修正、確定します。その分節を手動で翻訳することも可能です。翻訳者は、どの機械翻訳をどの程度採用するかを構成できます。

顧客の機密情報を保護

ビジネス上の機密情報を扱うプロジェクトの場合、第三者にその情報を開示しないよう顧客から要求されることがあります。  機械翻訳は、ソースコンテンツを第三者と共有することになるため、その使用方法と使用条件を慎重に検討する必要があります。

SDL Trados Studioでは監査ファイルが自動的に生成され、機械翻訳の使用が記録されます。

どのような機械翻訳を使用できますか。

SDL Trados Studioは、SDLが提供するSDL Machine Translationなど、インターネット経由で利用できる多数の機械翻訳エンジンをサポートしています。