Service Release

よくある質問

SDL Trados Studio 2019 SR1とは何ですか。

SDL Trados Studio 2019 Service Release 1は、製品の機能強化やバグ修正を含むアップデートです。Service Release(SR)は製品のパフォーマンスを最大限に引き出すためにユーザーに提供されるもので、ソフトウェア業界において一般的な手法として用いられています。

SDL Trados Studio 2019 SR1をインストールする利点は何ですか。

SR1にアップデートすることで、SDL Trados Studio 2019の次のような多数の拡張機能の利点が得られます。

  • 過去に翻訳したファイルコンテンツの整合機能の強化
    • 整合エディタの動作:整合エディタのスクロール機能と分節の選択機能(複数分節の選択など)が向上しています。
    • 整合ファイルでの分節の分割と挿入:接続解除された分節を分割したり、空の分節を挿入して整合結果を調整したりできるようになりました。
    • 整合ファイル内の分節ペアへの移動:整合された分節間を、ステータス、品質、接続タイプに基づいて容易に移動できます。
    • 検索機能:新しい検索機能で整合エディタ内のテキストを検索できます。
    • 整合メタデータフィールドの削除:翻訳メモリへのインポート時に整合メタデータを削除できるようになりました。
  • 最適化された翻訳メモリ
    • 精度が向上し、コンテキスト一致やあいまい一致をさらに有効利用できるようになりました。 
    • 日本語の原文テキストで半角文字と全角文字をより正確に認識できるようなりました。 
    • 設定の更新時にTMの整合性を確保するためのユーザーガイダンスが追加されました。
  • SDL Language Cloud Terminology:SDL Trados Studioは、クラウドベースの用語集管理に対応したSDL Language Cloud Terminologyと完全に統合されました。ビジネスユーザーは用語ベースを共有できます。
  • レビューフローの改善:変更履歴とTQAが強化されました。
  • その他:XMLファイル内のグラフィックのプレビュー機能が強化されました。

製品の詳細およびすべての拡張機能については、リリースノートをお読みください。

翻訳メモリをアップグレードするためのツールチップが表示されるのはなぜですか。

SDL Trados Studio 2019 SR1では、コンテキスト一致とあいまい一致の両方をさらに有効利用できるようにTMが最適化されています。この手段を利用するには、TMをアップグレードする必要があります。SDL Trados Studioでは、オレンジ色のアイコンとツールチップによってTMのアップグレードをお勧めする通知が表示されます。

翻訳メモリをアップグレードする方法を教えてください。

TMをアップグレードするタイミングはユーザーが選択できます。TMをアップグレードするには、SDL Trados Studioの[ようこそ]画面で[翻訳メモリのアップグレード]ウィザードを使用し、複数のTMをこのプロセスに追加して一括でアップグレードできます。TMをプロジェクトに追加した後は、アップグレードボタンを使用することもできます。

SDL Trados Studio 2019 SR1でアップグレードされたTMは、SDL Trados Studio 2017 SR1と互換性がありますか。

はい。SDL Trados Studio 2017 SR1のユーザーには、同じ機能強化が含まれた累積アップデート(CU15)リリースが提供されます。  これにより、既存のTM、用語ベース、プロジェクトファイルを最新のアップデートバージョンでシームレスに使用できます。

SDL Trados Studio 2019 SR1でアップグレードされたTMは、SDL Trados Studio 2015と互換性がありますか。

SDL Trados Studio 2015のユーザーの皆様には、それ以降のバージョンのSDL Trados Studio(2017 CU15と2019 SR1)で作成された翻訳メモリを最大限に活用していただくために、SDL AppStoreから無料の「SDL TM Compatibility Plugin」をダウンロードして、TMを変換することをお勧めしています。ただし、SDL Trados Studio 2015では、強化されたコンテキスト一致とあいまい一致をご利用いただけません。

SDL Language Cloud Terminologyとはどのようなものですか。

用語集管理に対応する新しい次世代型ソリューションです。有料のサブスクリプションとして提供されます。現在、ローカルのファイルベースの用語ベースを共有することは困難ですが、用語集サーバーを使用して用語ベースを共有することはできます。ただし、これはこのソリューションを導入できる大企業に限られます。


SDL Language Cloud Terminologyの初回リリースでは、個人のニーズも企業のニーズも同様に満たす使いやすい用語集管理ソリューションを提供します。用語ベースを簡単に設定でき、Excelベースの用語集を直接インポートしてサプライチェーン内で共有できるだけでなく、SDL Trados Studioと緊密に統合しているため、Tradosの用語認識機能や検証機能までも活用できます。今後のアップグレードで、このクラウドベースのソリューションにさらに機能を追加していく予定です。

SDL Language Cloud Terminologyの無料の用語ベースにアクセスすることはできますか。

はい。どのユーザーも用語ベースを1つ作成し、エントリを追加・編集したり、ブラウザおよびSDL Trados Studioからアクセスしたりできます。共有機能やExcelから簡単にインポートできる機能などは無料ではご利用いただけません。

SDL Language Cloud Terminologyのベータ版で作成した用語ベースはどうなりますか。

ユーザーのアカウントで作成済みの用語ベースは、引き続き使用できます。削除されることはありません。ただし、コンテンツの表示やエントリの編集・追加などのすべての用語集機能を使用できるとは限りません。引き続き上記のような便利な機能を活用し、SDL Trados Studioと統合するには、個人または企業向けのサブスクリプションの購入をご検討ください。

新しい無料パッケージへ移行する場合は、ベータ版で複数の用語ベースを作成していても1つしか維持できません。残りの用語ベースはすべて削除されます。

ベータ版で作成した複数の用語ベースをすべて維持したい場合は、個人向けまたは企業向けの有料サブスクリプションサービスに移行する必要があります。

SDL Language Cloudの用語ベースの共有機能はどうしたら使用できますか。

SDL Language Cloudの用語ベースの共有機能は、ビジネスパッケージを購入した場合に限り使用できます。

どのバージョンのSDL Trados StudioからSDL Language Cloud Terminologyにアクセスできますか。

SDL Language Cloud Terminologyを使用できるのは、SDL Trados Studio 2019 SR1以降のバージョンです。

自分のSDL Language Cloud Terminologyアカウントにアクセスする方法を教えてください。

SDL Language Cloud Terminologyにアクセスするには、SDL IDが必要です。SDL IDをすでにお持ちであれば、SDL Trados Studioの各ビューの右上にある[サインイン]からサインインできます。SDL Trados StudioからSDL IDを初めてセットアップする場合は、次の手順に従います。

  1. SDL Trados Studioを起動し、いずれかのビューで右上の[サインイン]を選択します。
  2. [SDL ID の作成]を選択し、登録ページに移動します。
  3. ユーザーの資格情報を設定すると、SDL Language Cloudウェブサイトにリダイレクトされます。そこから、作成したばかりの資格情報でログインします。
  4. SDL Language Cloudウェブサイト上で購入可能なすべてのサブスクリプションタイプをご確認ください。
  5. SDL Trados Studioに戻り、ログインします。
サブスクリプションの購入は、登録の段階でも後日でも可能です。また、フリーミアム版もお試しいただけます。サブスクリプションを購入しなくても、SDL Language Cloudアカウントをお持ちであれば、SDL Trados Studioで共有されているすべてのリソースにアクセスできます。

SDL Language Cloud TerminologyでファイルベースのMultiTerm用語ベース(.sdltb)を開くことはできますか。

いいえ。現時点では、ファイルベースのMultiTerm用語ベース(.sdltb)をSDL Language Cloud Terminologyに直接アップロードできません。ただし、MultiTermのデータをLanguage Cloudの用語ベースにエクスポートできます。次の手順に従います。

  1. MultiTerm用語ベース定義をXDTファイル形式で保存します。詳しくは、こちらのヘルプページをご覧ください。
  2. 既定のエクスポート定義を使用し、MultiTerm用語ベースをMultiTerm XMLにエクスポートします。詳しくは、こちらのヘルプページをご覧ください(MultiTerm XMLをエクスポート定義として使用する)。
  3. .xdtファイルとそれに対応する.xmlファイルを作成したら、そのデータをSDL Language Cloud Terminologyにインポートできます。
  4. Language Cloudにログインし、用語集リソース(https://languagecloud.sdl.com/ja/translation-toolkit#resources/terminology)にアクセスします。
  5. Language Cloudで用語ベースを新規作成します。用語ベースの作成時に、既存のMultiTerm用語ベース定義を読み込むオプションを選択してください。手順1で保存した.xdtファイルを使用します。
  6. 用語ベースを作成したら、インポート機能を使用し、手順2で作成したXMLファイルをインポートします。
これで、MultiTermと同じ内容のLanguage Cloud用語ベースが作成されました。他のユーザーと共有したり(ビジネスサブスクリプションを購入している場合)、SDL Trados Studioからアクセスしたりできます。

この手順は、こちらのビデオでご覧いただけます。

整合編集モードはなぜなくなったのでしょうか。

リボン上の整合編集モードオプションをなくし、より効率的な分節選択方法を導入しました。整合エディタから直接、複数の分節ペアを簡単に選択して処理できます。

SDL Trados Studio 2019 SR1/SDL MultiTerm 2019 CU1にアップグレードする方法を教えてください。

AutoUpdateをご利用の場合、SDL Trados Studio 2019またはSDL MultiTerm 2019を起動すると、SDL Trados StudioまたはSDL MultiTermの通知エリアに、ダウンロードの利用可能性に関する情報が表示されます。AutoUpdateを利用されていない場合は、以下の手順に従ってSDL Trados Studio 2019 SR1またはSDL MultiTerm 2019 CU1をダウンロードしてください。

  1. SDL Trados Studio 2019とSDL MultiTerm 2019を終了し、Microsoft Officeアプリケーションをすべて閉じます。
  2. SDLアカウントにログインします。
  3. [ダウンロード]セクションに移動します。移動すると、SDL Trados Studio 2019 SR1/SDL MultiTerm 2019 CU1のダウンロードが強調表示されています。
  4. 新しいSDL Trados Studio 2019 SR1/SDL MultiTerm 2019 CU1の製品名を展開すると、以下のダウンロード項目が表示されます。
    - SDL Trados Studio 2019 SR1
    - SDL MultiTerm 2019 CU1
  5. それぞれの項目で[ダウンロード]をクリックし、実行可能ファイルをローカルハードディスクに保存します。ダウンロードが完了したら、2つの実行可能ファイルを1つずつ実行し、ウィザードの指示に従います。
SDL Trados Studio 2019 SR1インストーラによって、現在インストールされているSDL Trados Studio 2019ソフトウェアが検出されてバックグラウンドでアンインストールされ、SDL Trados Studio 2019 SR1がインストールされます。

SDL Trados Studio 2019 SR1のインストールまたはライセンスに関して問題がある場合は、SDL Solution Finder(https://gateway.sdl.com/webtocase)でリクエストを送信してください。

SDL Trados Studio 2019 SR1のインストールは有料ですか。

いいえ。SDL Trados Studio 2019 SR1は、SDL Trados Studio 2019の全ユーザーを対象とした無料アップデートです。

SDL Trados Studio 2019をインストールしている場合、SR1にアップデートする前にライセンスを返却する必要がありますか。

いいえ。SDL Trados Studio 2019のライセンスをコンピュータにインストールしている場合、SR1にアップデートする前にライセンスを返却する必要はありません。

SDL MultiTerm 2019もアップデートされますか。

はい。SDL MultiTerm 2019にも累積アップデート1が用意されており、アップデートすることでSDL Trados Studio 2019 SR1との完全な互換性を確保できます。

SDL Studio GroupShare 2017もアップデートされますか。

いいえ。現在のところ、SDL Trados GroupShare 2017のService Releaseは予定されていません。

30日間無料トライアル版に登録

SDL Trados Studio 2019 Professionalの30日間無料トライアル版にご登録ください。25万人を超える言語のプロフェッショナルから信頼されている、業界トップクラスの翻訳ツールのすべての機能を体験できます。