ローカルウェブサイトにはコンテンツがありません 了承し、このメッセージを閉じる

SDL Trados Studio 2019 Starter

よくある質問

SDL Trados Studio 2019 Starterに関するよくある質問

SDL Trados Studio Starterとは何ですか。

SDL Trados Studio Starterは、SDL Trados Studio Freelanceエディションの機能の一部を使用できる翻訳支援ツールです。 SDL Trados Studio Starterの導入により、いかに高品質な翻訳の提供までの時間を短縮し、翻訳作業を効率化でき、翻訳メモリの構築に役立つかを体験することができます。

主なメリットは、次のとおりです。

  • 不定期な翻訳業務の際も、業界トップクラスのSDLソフトウェアによって迅速な翻訳が可能
  • 低価格のサブスクリプションベースソリューションで、業界トップクラスの翻訳メモリにアクセス
  • SDL翻訳サプライチェーンと連携し、SDL Trados Studioファイルを共有

SDL Trados Studio Starterエディションの制限事項を教えてください。

  • 翻訳メモリサイズの制限 (約50,000語)
  • SDL形式のパッケージと単一ファイルのドキュメントのみ作業が可能
  • プロジェクト作成および複数ファイルの同時処理は不可
  • TTXファイルとITDファイルの使用、保存は可能。ただし翻訳済み訳文ファイルとしての保存不可
  • SDL MultiTerm同梱なし - 用語ベースは使用可能。ただし作成、追加、編集は不可

すべての制限事項については、SDL Trados Studioのエディション比較表を参照してください。

SDL Trados Studio Starterエディションでは、何ができますか。

  • Professionalエディション(翻訳メモリサイズなどの制限なし)を使用しているユーザーまたは企業から送信されたSDLプロジェクトパッケージの処理
  • ほぼすべてのファイル形式の翻訳
  • 独自の翻訳メモリ(5,000翻訳単位までの制限あり)を作成し、個人のファイルで使用可能
  • 品質保証チェック機能の実行
  • SDL Trados Studio に搭載された新機能「upLIFT」をお試しください
  • SDL Language Cloudへのアクセス

SDL Trados Studio Starterをサブスクリプションベースで購入できますか。

はい。 SDL Trados Studio Starterエディションは、1年単位のサブスクリプションベースでのみご利用いただけます。 これには、最新バージョンへの自動アップデートが含まれます。

SDL Trados Studio Starterで作成した翻訳メモリはどうなりますか。

翻訳メモリはデスクトップ上に作成され、個人のものとして保存できます。 サーバーにアップロードされないため、ほかのユーザーと共有されることはありません。

SDL Trados Studio StarterからSDL Trados Studio Freelanceにアップグレードできますか。

はい。 アップグレードはいつでも可能で、サブスクリプションは12か月間有効です。 オンラインストアにアクセスして、アップグレード料金をご確認ください。