Service Release

SDL Trados Studio 2019の最新無料アップデート

SDLの開発チームは、翻訳ソリューションに追加する機能の構築に絶えず取り組んでいます。開発した機能は、次のエディションまで待たず、随時Service Releaseとしてリリースし、お客様がSDLの製品で最高のパフォーマンスや体験を得られるようにしております。

SDL Trados Studio 2019 SR2
SDL Trados Studio 2019 SR1

サポート対象のファイル形式が増加

SDL Trados Studio 2019は、現在市販されている翻訳支援ツール中で最も多くのファイル形式に対応しており、ユーザーは送信されてきたあらゆる種類の翻訳プロジェクトを処理できます。  

SR2を導入すると、SDL Trados Studio 2019ユーザーは次のようなメリットを得られます。

  • 新しい XML バージョン 2 フィルタ ( ベータ版 ) を使用すると、設定が簡単で、柔軟性が向上します。以前のバージョンで作成された設定との互換性があるため、 XML ファイルをより迅速に翻訳できます。
  • 新しいAdobe Photoshopフィルタ(ベータ版)により、グラフィック内のテキストの翻訳が簡単になります。
  • Githubなどの開発者コミュニティでよく使用されているMarkdown(ドキュメント内のコンテンツの書式設定方法)を採用したドキュメントのコンテンツを処理できます。
Trados_SR2_more_file_types

Trados_SR2_more_integration


統合性の向上

SDL Trados Studio 2019 SR2は、SDLの翻訳テクノロジーソリューションであるSDL MultiTransおよびSDL Language Cloudと連携します。

SDL MultiTransをご利用のお客様は、専用アプリをSDL AppStoreからダウンロードすると、SDL Trados StudioでSDL MultiTransのタスクを開いたり、SDL MultiTransのTMや用語ベースにアクセスしたりできます。

SDL Trados Studioは、SDLのクラウドベース翻訳プラットフォームであるSDL Language Cloud内のプロジェクトと接続でき、両方の環境で作業を行えます。

「Tell Me」機能を強化

SDL Trados Studio 2019の「Tell Me」は、機能をすばやく簡単に探して設定画面に瞬時に移動できるテクノロジーです。このテクノロジーにより、知りたいことをそのままSDL Trados Studioに伝えられるようになりました。単語や語句を入力するだけで、ユーザーが探している可能性があるコマンドやオプション、設定をSDL Trados Studioが提示します。

Studio 2019 SR2 では、「Tell Me」がさらに多くの回答を提示するために、追加のキーワードと語句を追加しました。これにより、目的のメニューや設定にたどり着くまでのクリック数が減少し、移動にかかる時間がさらに短縮されます。

Trados_SR2_more_tell_me_matches


Trados_SR2_more_flexible_APIs

APIがさらに柔軟に

アプリストアを展開している翻訳テクノロジープロバイダは、SDLのみです。SDL AppStoreでは、SDL Trados Studio 2019の機能を強化する、無料アプリを豊富に取り揃えています。

SR2では、プロジェクトパッケージイベントなど、SDL Trados Studioの日常的なフローを使用したインタラクティブ機能が強化されました。よって、数千にも及ぶサードパーティの開発者がメリットを得ることができます。また、開発者は、SDL Trados Studioのスタイルや最も一般的に使用される制御機能にアクセスできるため、より柔軟性と制御性が向上します。これにより、アプリやプラグインとSDL Trados Studioの一体感がさらに増し、SDL Trados Studioユーザーはよりシームレスに操作できるようになります。

お客様の声を反映した機能強化

お客様からのリクエストにお応えし、SDL Trados Studio 2019 SR2は次のように進化しました。

  • 結合されたファイルでファイルタグを非表示にして、埋め込みファイルの種類を操作しやすくし、ユーザーの操作性を向上させます。
  • スマートカット&ペーストでコンテンツをコピーする場合に間隔を自動的に修正します。
  • リソースを最大限に活用するために、翻訳メモリ内で略語を認識する方法を改善しました。
Trados_SR2_more

整合機能の強化でTMをさらに有効活用

SDL Trados Studio 2019 SR1の整合ツールは次のような点が強化されており、過去の翻訳コンテンツを利用してより明確で高品質の翻訳結果が得られます。

  • 分節の接続解除や再整合を少ないクリック数で行えます。
  • 「移動」や「検索」を使用した容易なナビゲーションで不適切なつながりを修正できます。
  • 分節の分割や新しい分節の作成が可能です。
  • 最大で5つの分節を結合できるオプションにより、複雑なテキストを整合させやすくなりました。
  • インポートしたデータからメタデータを柔軟に除外できます。 

翻訳の整合について詳しくは、こちらをご覧ください。

SDL Trados Studioの整合ツールは、既存の翻訳を翻訳単位(TU)に変換し、翻訳メモリ(TM)に追加します。
More is better GroupShare video

翻訳メモリの一致の向上

SDL Trados Studio 2019 SR1では翻訳メモリエンジンが最適化され、次のようなメリットが得られるようになりました。

  • 語幹解釈を強化し、あいまい一致の質が向上しました。
  • コンテキスト一致を再構築し、精度が向上しました。
  • 分節単位や語句単位の一致、一致の修正、訳語検索が強化されました。
  • 日本語の原文テキスト(カタカナ)で、半角文字と全角文字をより正確に認識できるようなりました。 
  • 設定の更新時にTMの整合性を確保するためのユーザーガイダンスが追加されました。
注:SDL Trados Studio 2015をご利用の場合、それ以降のバージョンのSDL Trados Studioで作成されたTMは、SDL AppStoreで無料提供されている「SDL TM Compatibility Plug-In」で変換すると使用できるようになります。

クラウドでの用語集管理の簡素化

SDL Language Cloud TerminologyがSDL Trados Studio 2019 SR1に統合され、以下のメリットを備えた次世代のクラウド用語集管理を活用できるようになりました。

  • 言語ベースの検索と、従来の文字単位の言語によるあいまい検索の両方において検索結果の質が向上しています。
  • ブラウザを使用してオンラインで用語ベースを作成し、クラウド経由で簡単にアクセスできます。
  • ビジネスユーザーは共同作業する他のユーザーと用語ベースを共有できるため、全員に確実に最新の用語ベースと用語集を使用させることが可能です。
More is better GroupShare video

More is better GroupShare video

変更履歴の改善により容易になったレビュー

SDL Trados Studio 2019 SR1は変更履歴機能が改善されているため、次のように翻訳済みコンテンツを容易にレビューできます。 

  • [Show Markup(マークアップ表示)]ビュー、[No Markup(マークアップなし)]ビュー、[Original(オリジナル)]ビューを柔軟に選択できるため、変更内容のコンパクトな表示と詳細な表示を切り替えられます。 
  • 変更履歴のテキストを最初に選択する必要がないため、コメントを迅速に作成できます。 
  • 変更履歴が有効な場合、オートコレクトを自動的に有効または無効にする設定を選べます。

翻訳品質評価(TQA)の向上

SDL Trados Studio 2019 SR1では、自動反映のTQA項目に自動的に重大度「繰り返し」が割り当てられ、全体の品質スコアには反映されないため、品質スコアの精度が向上します。

スピードと操作性の向上のため、ほかに次のような機能強化が行われています。 

  • TQA項目の削除で、訳文分節のコンテンツが削除されるようになりました。
  • 複数のフラグメントに同じTQAコンテンツを再適用しやすくなりました。
  • 次にTQA項目を追加するときのためにTQA項目設定が保存されます。 
  • 「重大度」の操作の可視性が向上しています。
注:TQAは、ProfessionalエディションのSDL Trados Studioのみで利用可能な機能です。
More is better GroupShare video

SDL Trados Studio 2015ユーザー向けの無料の「SDL TM Compatibility Plugin」

SDL Trados Studio 2015のユーザーの皆様に、無料の「SDL TM Compatibility Plugin」によるTMの変換をお勧めします。最新バージョンのSDL Trados Studioで作成された翻訳メモリを最大限に活用できるようになります。