SDL Trados Studio

エディション比較表

この機能比較表で、SDL Trados Studio Professional、Freelance、Starterの各エディションの違いをご確認いただけます。

SDL Trados Studio Freelanceに興味をお持ちですか?2台のPCで同時に作業したい方は、SDL Trados Studio Freelance Plusをご検討ください。Freelanceエディションの全機能に加え、アクティベーションライセンスがもう1つ付属しています。

最適なエディションをお選びください
1つのファイルを翻訳
ファイルベースの翻訳メモリ(TM)の作成
無制限に用語ベースを開く
単一ドキュメントの翻訳
プロジェクトごとにサポートされる訳文言語
無制限
同時に複数のTMを開く
TMの容量 - 無制限
複数ファイル/言語を翻訳
完全一括タスク機能
プロジェクトウィザードでの複数ファイル/複数言語プロジェクトの自動生成
タスクのカスタマイズ
SDLパッケージのサポート
開くことのできるSDL Enterprise Systemのパッケージ(TMS/TeamWorks/WorldServer)の数 - 無制限(AutoSuggestを除く)
Professionalバージョンで開くことのできるSDLパッケージの数 - 無制限(AutoSuggestを除く)
SDLパッケージの作成
SDLパッケージのEメール送信
主な機能
upLIFT Fragment RecallとupLIFT Fuzzy Repair
AnyTM
AutoSuggest(使用)
カスタマイズ可能なリボン
PerfectMatch
使用と作成
リアルタイムプレビュー
サーバーベースプロジェクトの使用
サーバーベースTMの使用
整合ベースのTMの作成
AutoSuggest(作成)
機械翻訳
レポートの表示
変更反映機能
TMメンテナンス
用語ベースの作成(用語の追加/編集)
従来のTM形式のアップグレード
翻訳品質評価機能
環境
SDL Trados Live Essential
SDL AppStoreのアプリ
SDL MultiTermが付属
ソフトウェア開発キット
企業ネットワーク上での動作(ドメインベース)
SDLサポートの利用
ライセンスの種類*7
永久ライセンス/サブスクリプション
1つのファイルを翻訳
ファイルベースの翻訳メモリ(TM)の作成
無制限に用語ベースを開く
単一ドキュメントの翻訳
プロジェクトごとにサポートされる訳文言語
3
同時に複数のTMを開く
TMの容量 - 無制限
複数ファイル/言語を翻訳
完全一括タスク機能
プロジェクトウィザードでの複数ファイル/複数言語プロジェクトの自動生成
タスクのカスタマイズ
SDLパッケージのサポート
開くことのできるSDL Enterprise Systemのパッケージ(TMS/TeamWorks/WorldServer)の数 - 無制限(AutoSuggestを除く)
Professionalバージョンで開くことのできるSDLパッケージの数 - 無制限(AutoSuggestを除く)
SDLパッケージの作成
SDLパッケージのEメール送信
主な機能
upLIFT Fragment RecallとupLIFT Fuzzy Repair
AnyTM
AutoSuggest(使用)
カスタマイズ可能なリボン
PerfectMatch
使用
リアルタイムプレビュー
サーバーベースプロジェクトの使用
サーバーベースTMの使用
整合ベースのTMの作成
AutoSuggest(作成)
アドオン
機械翻訳
レポートの表示
変更反映機能
TMメンテナンス
用語ベースの作成(用語の追加/編集)
従来のTM形式のアップグレード
翻訳品質評価機能
環境
SDL Trados Live Essential
SDL AppStoreのアプリ
SDL MultiTermが付属
ソフトウェア開発キット
企業ネットワーク上での動作(ドメインベース)
SDLサポートの利用
ライセンスの種類*7
永久ライセンス/サブスクリプション
1つのファイルを翻訳
ファイル共有タイプの翻訳メモリの作成
無制限に用語ベースを開く*1
単一ドキュメントの翻訳
プロジェクトごとにサポートされる訳文言語*2
1
同時に複数のTMを開く
TMの容量 - 無制限*3
複数ファイル/言語を翻訳
完全一括タスク機能
プロジェクトウィザードでの複数ファイル/複数言語プロジェクトの自動生成
タスクのカスタマイズ
SDLパッケージのサポート
開くことのできるSDL Enterprise Systemのパッケージ(TMS/TeamWorks/WorldServer)の数 - 無制限(AutoSuggestを除く)
Professionalバージョンで開くことのできるSDLパッケージの数 - 無制限(AutoSuggestを除く)
SDLパッケージの作成
SDLパッケージのEメール送信
主な機能
upLIFT Fragment RecallとupLIFT Fuzzy Repair
AnyTM
AutoSuggest(使用)*4
カスタマイズ可能なリボン
PerfectMatch
使用
リアルタイムプレビュー
サーバーベースプロジェクトの使用
サーバーベースのTMの使用*6
整合ベースのTMの作成
AutoSuggest(作成)
機械翻訳*5
レポートの表示
変更反映機能
TMメンテナンス
用語ベースの作成(用語の追加/編集)*6
従来のTM形式のアップグレード
翻訳品質評価機能
環境
SDL Trados Live Essential
SDL AppStoreのアプリ
SDL MultiTermが付属
ソフトウェア開発キット
企業ネットワーク上での動作(ドメインベース)
SDLサポートの利用
ライセンスの種類
1年間のサブスクリプション
  1. 用語ベースにアクセスするには、SDL Trados Studioのパッケージに用語ベースが含まれている必要があります。
  2. どの言語ペアでもプロジェクトを受領して作業できます。
  3. 使用は翻訳単位で最大5,000まで(約50,000ワード)、ただしパッケージを受信する場合は無制限です。
  4. AutoSuggest機能を利用するには、AutoSuggestリソースがSDL Trados Studioのパッケージに含まれている必要があります。
  5. 機械翻訳機能を利用するには、機械翻訳文字列がSDL Trados Studioのパッケージで提供されている必要があります。
  6. サーバーベースの翻訳メモリ(TM)にアクセスするには、そのTMがSDL Trados Studioのパッケージで参照されているか、発行済みのGroupShareプロジェクトの一部として使用されている必要があります。
  7. サブスクリプションでの利用が可能です - 詳細を確認