翻訳プロジェクトに関する
主な4つの課題の解決


翻訳プロセスにおいて、プロジェクト管理は重要です。 複数のプロジェクト、人、優先事項を管理するプロジェクトマネージャーには、業務の着実な遂行をサポートするテクノロジーが必要です。 プロジェクト管理にまつわる一般的な課題への対処法や、テクノロジーによって違いを生み出す方法をご紹介します。

1. スプレッドシートやEメールでのプロジェクト管理

複数のスプレッドシートを駆使して翻訳プロジェクトを追跡するのはよくある話ではないでしょうか。 また、Eメールで何度もやりとりして、事務作業が増え続けていませんか。 SDL Trados GroupShareを使用することで、プロジェクト管理作業を大幅に削減できます。 SDL Trados GroupShareは、リアルタイムのオンラインダッシュボードと、ジョブのワークフローの進捗に応じて自動送信されるEメール通知で、複雑なプロジェクト管理を簡素化します。

2. 時間の制約

プロジェクトマネージャーは日々さまざまなプロジェクトや需要に対応しています。 そこで朗報なのですが、今の時間管理方法に少し変更を加えるだけで、状況を大きく改善することができます。 この度SDLでは、プロジェクトおよび時間管理のエキスパートであるRomina Kohei氏の協力により、時間のコントロールを取り戻す方法を紹介するクイックガイド『プロジェクトマネージャー向け効果的な時間管理のための11のヒント』を制作しました。

3. 新たなファイル形式や複雑なファイル形式の処理

プロジェクトマネージャーが聞きたくない言葉の1つに、「新たな形式のドキュメントを翻訳する必要がある」というものがあります。 これまで扱ったことのないファイル形式であれ、過去に問題が発生したファイル形式であれ、処理に膨大な時間を要する可能性があります。 SDLのビジネスコンサルタントであるLydia Simplicioのブログを読み、複雑なファイル形式を扱う際のヒントをご確認ください。

4. 外部ベンダーとの関係構築

プレッシャーの大きい翻訳業界では、外部の翻訳者と良好な関係を築くことが不可欠です。しかし、多くのベンダーがひしめいている中で、それは容易ではありません。 では、どうすれば良好なビジネス関係を築き、維持できるのでしょうか? その答えを探るために、Mark氏とMarie-Odile氏から、共同作業の経験について話を伺いました。 仕事で良い関係を築くために重要な資質について、ブログでご確認ください。

初心者のための翻訳プロジェクト管理

翻訳プロジェクト管理を担当して間もない方や翻訳テクノロジー全般の使用経験がない方は、手始めにこのウェブキャストをご覧ください。 SDL Trados StudioやSDL Trados GroupShareのライブデモなど、それぞれのプロジェクト管理ニーズに適したテクノロジーを紹介します。

GroupShareを使用してプロジェクト管理を簡素化する方法

SDL Trados GroupShareは、あらゆる規模の翻訳チームが効率的に連携できるようにすることで、プロジェクト管理を次のレベルに引き上げます。 このウェブキャストで、GroupShareでどのようにワークフローを簡素化し、ビジネスを変革できるのか実際にご確認ください。
SDLのプロジェクト管理ソリューションを使用することでどのようなROIが実現するのか、お問い合わせください。