SDL Trados GroupShareのシステム要件


コンピュータ構成

SDL Trados GroupShareは、64ビット版オペレーティングシステムのシングルCPUおよびマルチCPUのコンピュータをサポートしています。

最小

SDL Trados GroupShare 2017 SR1の最小要件は、マルチコアのIntel Xeon CPU、8 GB以上のRAMを搭載した最新型ミッドレンジサーバーです。この構成で最大10人の同時ユーザーに対応できます。

推奨

最適なパフォーマンスを得るには、一般的に、SQLサーバーをアプリケーションサーバーから独立した専用サーバーで運用することをお勧めします。

推奨構成は、アプリケーションサーバーがマルチコアのIntel Xeon CPU、16 GB以上のRAM搭載、SQLサーバーが32 GBのRAM搭載の最新型ミッドレンジサーバーです。

同時ユーザーが30人を超える場合には、32 GB以上のRAMを搭載したアプリケーションサーバー、および64 GBのRAMを搭載したSQLサーバーを推奨します。

SDL Trados GroupShare 2017 SR1は、ハードウェア要件に影響を与える2つの新機能を導入しています。

  • SDL Online Editor - Online Editorについては、1ファイル、1ユーザー当たり100 MBとして計算してください。したがって、SDL Online Editorで10セッションを同時実行するには、1 GB以上のRAMの追加を推奨します。
  • upLIFT - Fragment Alignment(FGA)はCPU負荷が極めて高いため、デフォルトでは23:00~6:00にのみ実行されます。大容量の翻訳メモリ(TM)を使用したり、日常的に大量の翻訳データをTMに追加したりする環境では、高速マルチコアCPUの搭載をお勧めします。大規模環境の場合には、FGAサービスを専用マシンに委任することも可能です。詳しくは、SDLのテクニカルチームにお問い合わせください。

大規模構成(大規模なシステム構成)

大規模構成は、タイプと依存関係によって異なります。

次のような大規模構成が考えられます。

  • SDL Trados GroupShareの大規模構成で日常的に50人超の同時ユーザーに対応する場合。
  • 大容量のTMサーバー構成が合計1,000万件超の翻訳単位を持ち、なおかつ100万件超の翻訳単位を持つ翻訳メモリを1つ以上含む場合。
  • 大容量のMultiTerm構成が合計100万件超のエントリを持ち、なおかつ25万件超のエントリを持つ用語ベースを1つ以上含む場合。

大規模構成については、SDLのコンサルティングを受けてから、適切な拡張アプローチを採用することになります。拡張ソリューションは、アプリケーションサーバーとデータベースサーバーの個別のコンピュータへの割り当てに関するお客様固有のニーズに基づいて検討する必要があります。

大規模構成について詳しくは、SDLのプロフェッショナルサービスにお問い合わせください。

オペレーションシステムの要件

SDL Trados GroupShareは次のプラットフォームで動作します。

  • IIS 10搭載のWindows Server 2016
  • IIS 8.5搭載のWindows Server 2012 R2
  • IIS 8.0搭載のWindows Server 2012

ドメインコントローラとして構成されたサーバーはサポートしておりませんので、ご注意ください。