SDL Trados GroupShare Cloud

クラウドでプロジェクトを安全かつ容易に共有

SDL Trados GroupShare Cloudでプロジェクト共有をレベルアップ

中小規模の翻訳チームが翻訳メモリ、用語集、プロジェクトファイルを共有するのに最適なプロジェクトコラボレーションソフトウェアです。 SDL GroupShare Cloudの特長は次のとおりです。
  • 迅速に設定:技術的な専門知識は不要です
  • 翻訳者にとって容易:SDL Trados Studioから操作できます
  • 安全:クラウド資産へのアクセスを制御できます
  • 優れたコストパフォーマンス:低料金のサブスクリプションオプションが用意されています

ウェブキャスト:SDL Trados GroupShare Cloudを使用して安全かつ容易にクラウドで共有

ビジネスコンサルタントのFleur Schut氏が、SDL Trados GroupShare Cloud使用したプロジェクト期間の短縮方法をご説明します。

設定が簡単

SDL Trados GroupShare Cloudは、SDLがホストする柔軟性に優れたオンラインプロジェクト共有環境を利用できるため、ソフトウェアをインストールしたり管理したりする必要がありません。

ホスト型ソリューションなので、設定をすばやく簡単に行うことができ、オンプレミス型ソリューションの管理に必要な技術面の専門知識も不要です。

あらゆるデバイスでプロジェクトを管理

SDL Trados GroupShare Cloud 2017は、プロジェクトマネージャーが抱える問題の軽減を目的とし、時間短縮やプロジェクトおよびレポート作成の管理強化に役立つ、次のような機能を備えています。

  • インターネットに接続されたあらゆるデバイスでSDL Trados GroupShare Cloudを利用してプロジェクトを作成
  • プロジェクト管理ダッシュボードにすべてのプロジェクトの情報を表示して管理負担を軽減
  • ダッシュボードを使用してタスクを割り当て、リソースを安全に配置すると同時に、すべてのプロジェクトデータにアクセス可能

SDL Trados GroupShare Cloudの製品概要のダウンロード

優れたセキュリティと信頼性

関連するプロジェクトファイルやプロジェクト資産に対する権限が与えられ、プロジェクトの進捗に応じてフェーズごとに権利が削除されます。 そのため、翻訳者やレビュアーが適切なタイミングで適切なファイルを重複することなく確実に処理できます。

オンプレミス版と同様の強固なテクノロジーを採用し、SDL社内のCloud Operationsグループが独占的にホストするSDL Trados GroupShare Cloudは、信頼性とセキュリティに優れたコラボレーションプラットフォームを提供し、理想的なオンライン翻訳環境を実現します。

SDL Support Gateway

ケーススタディ:Word Classがプロジェクト期間を20%短縮

SDL Support Gateway

コスト効率と柔軟性

低料金のサブスクリプションオプションが用意されているため、小規模な翻訳チームでも、翻訳資産を一元管理し、プロジェクトを簡単に共有できるようになります。 さらに、ホスト型サービスであることから、関連する初期費用を低く抑えることもできます。

SDL Trados GroupShare Cloudは拡張性に優れたファイル共有ソリューションであり、新規ユーザーをいつでも追加でき、世界中のあらゆる場所にいるユーザーが同時に作業できます。