SDL Connecting Content

ワークフローの自動化で翻訳コンテンツと翻訳システムを統合

クライアントシステムに直接接続し、翻訳プロセスを効率化

SDL Connecting Contentは、コンテンツ管理システムとSDL翻訳ソフトウェアを容易に統合します。 

SDL Connecting Contentにより、ファイルの転送と準備が自動化されるため、プロジェクトマネージャーやコンテンツ制作者、翻訳者がそれ以外の重要な作業に専念できます。 

コンテンツは標準化された効率的なプロセスで処理されるため、チームの連携が円滑になります。

SDL Connecting Content - 全般的な設定

翻訳会社社内での利用

SDL Connecting Contentにより、社内のコンテンツ管理システムやドキュメント管理システムとSDLの翻訳ソフトウェアが直接連携します。 これにより、翻訳とレビューの前後のファイル移動が円滑になり、手動プロセスが自動化され、生産性が向上します。

クライアント側との利用

SDL Connecting Contentにより、SDLの翻訳ソフトウェアと顧客のコンテンツ管理システムが連携し、作業対象のフォルダからファイルを収集および配信します。 これにより、何度も繰り返し発生する管理作業が不要になるため、企業顧客に対して迅速にサービスを提供できます。

管理の自動化による時間短縮

SDL Connecting Contentでは、SDL製品(SDL Trados StudioSDL Trados GroupShareSDL WorldServerなど)をリモートで管理することができます。 プロジェクト作成、ファイル解析、一括翻訳、品質評価といったさまざまなタスクを自動化することで、より価値の高い作業に時間を多く費やすことができます。 さらにSDL Connecting Contentでは、翻訳後のファイルを操作し、CMSやその他システムで使用可能な形式に変換することもできます。

容易な設定

SDL Connecting Contentでは、使いやすいユーザーインターフェイスによりジョブの設定をすぐに始められます。 指定した順番でタスクを開始できるため、複雑な自動プロセスの作成も簡単です。 ワークフローや規格に合わせて、複数のSDL Connecting Contentインスタンスを同時に使用できます。
SDL Connecting Contentの容易な設定

汎用性の高い連携

SDL Connecting Contentは、デスクトップツールとして使用するか、サーバーにインストールするか、ジョブポータルからアクセスするかを柔軟に設定できます。 ジョブを開始するには、ファイルを「監視対象」フォルダに追加するだけです。APIの直接呼び出しまたはブラウザのインターフェイスを使用することで、多様なシステムからのコンテンツを自動的に処理できるのです。

基準を維持し、エラーを最小限に抑制

SDL Connecting Contentを使用してタスクを自動化すると、コンテンツ処理の基準を維持できるうえ、遅れの原因となる手作業のエラーを排除できます。 さらに、SDL Connecting Contentの柔軟なXMLパーサーにより、翻訳データ交換規格のCOTIを始めとするさまざまなファイル形式もサポートできます。

SDL Connecting ContentのCOTI
SDL Connecting Contentについてのご相談はこちら

参考リソース