Live Chat

SDL認定

周囲に先駆けてSDL認定を取得

SDL認定プログラムとは

SDL認定プログラムは、業界の主要テクノロジーを基にした認定で、SDLソフトウェアに習熟していることを証明する資格として広く認知されています。プロフェッショナルのための包括的な教育プログラムを通じて、翻訳者がSDLの翻訳生産性ツールの専門知識を深め、認定を取得できるよう設計されています。 

SDL認定プログラムは、翻訳テクノロジー、用語集管理、機械翻訳、自動QAチェック機能といった最新テクノロジーやベストプラクティスをSDLユーザーコミュニティで普及させることを目的としています。 

翻訳者やプロジェクトマネージャー向けに次のようなさまざまなSDL認定オプションをご用意しています:SDL Trados StudioSDL MultiTerm機械翻訳のポストエディット

SDL PLCでは、認定試験への登録および認定証の発行のため、受験者の個人データを扱う必要があります。また、SDLではこれらのサービスを提供するため、適切なデータ処理契約を結んでいるEU内外の第三者サービスを利用する場合もあります。SDLによる個人データの処理の詳細は、SDLのプライバシーに関するページでご確認いただけます。

SDL認定オプション(翻訳者対象)

翻訳者には、SDL Trados Studioの3つのレベルの認定試験とトレーニング、SDL MultiTermについては1つのレベルの認定試験が用意されています。

その他の認定オプション(プロジェクトマネージャ対象)

プロジェクトマネージャには、SDL Trados Studioの1つのレベルの認定が用意されています。

翻訳チームがSDL認定を取得するための条件

+
  1. SDL Trados Studioの正規企業登録ライセンスを所有している必要があります。 
  2. 推奨レベルの試験に合格するために学習・準備します(SDL認定トレーニングコースの受講をお勧めします)。 
  3. 各試験に合格すると、対応するレベルのSDL認定を取得できます。また、認定ロゴのダウンロードリンクが提供され、ロゴをEメールの署名やウェブサイトに表示できます。 

ご質問やトレーニングのお申し込み方法については、SDLまでお問い合わせください。

SDL Trados Studio 2017およびSDL MultiTerm 2017で取得したSDL認定の2019への移行方法

+

SDL Trados Studio認定(翻訳者対象):

SDL Trados Studio 2017のいずれかの試験にすでに合格している場合は、SDL Trados Studio 2019の新機能試験を受験できます。合格すると、取得している認定が2019バージョンに更新されます。つまり、SDL Trados Studio 2017レベル1試験に合格している場合、SDL Trados Studio 2019の新機能試験に合格すると、自動的にSDL Trados Studio 2019レベル1認定を取得できます。

SDL MultiTerm認定(翻訳者対象):

SDL MultiTerm 2017の認定を取得されている方は、SDL MultiTerm 2019の認定試験を受験できます。

SDL Trados Studio認定(プロジェクトマネージャ対象):

SDL Trados Studio 2017のプロジェクトマネージャー試験を取得されている方は、SDL Trados Studio 2019の新機能試験を受験できます。新機能試験に合格すれば、SDL Trados Studio 2019のプロジェクトマネージャー認定を取得できます。

SDL MultiTerm認定:

SDL MultiTerm 2017の認定を取得されている方は、SDL MultiTerm 2019の認定試験を受験できます。

SDL Trados StudioまたはMultiTermの古いバージョンの試験で、まだ受けていないものがSDLアカウントにある場合、該当の試験はSDLのマイアカウントに残ります。最新のSDL認定を取得するには、新しいSDL Trados StudioおよびSDL MultiTerm 2019の試験をご購入のうえ受験していただく必要があります。


このFAQで答えが見つからない場合は、producttraining@sdl.com宛てに質問を送信してください。