#WeAreSDLTrados

成功を収めたプロの翻訳者の方々がビジネスを成長させた方法をご確認ください。

SDL Trados Studio 2019 Freelanceが30%OFF、さらに無料特典をご用意しています!


SDL Tradosは、今後もSDLのコミュニティや幅広いローカリゼーション業界のニーズに耳を傾け、進化し続けます(#WeListen)。当社とその活動の核となるのは、翻訳業界と翻訳に携わるプロの方々です(#WeValue)。また、「世界をつなぐ」一端を担う翻訳業界の取り組みを全世界にアピールし、皆様の取り組みに敬意を表します(#WeCare)。 

この特別イベントに参加して、新たな1年のスタートを切りませんか。SDLが公開しているリソースでSDL Tradosのメリットを確認し、プロの翻訳者としてのキャリアアップにつなげてください。次のハッシュタグで参加できます...#WeListen、#WeValue、#WeCare

#WeValue
#WeListen
#WeCare(まもなく公開)

翻訳者は、SDLにとって核となる存在です。当社のビジネスに欠かせない翻訳者の方々の成功を称えるとともに、そのサクセスストーリーをご紹介したいと思います。プロの翻訳者が自身のビジネスをどのように成長させてきたか、どのような未来が待ち受けているのかをご説明します。ここでご紹介する翻訳者は、新しいウェビナーにも登場します!

松丸 さとみ

beginners guide to studio

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員として英国・ロンドンで6年強過ごす。現在は東京都内で書籍や時事ニュースの翻訳や、ライティング(ときどき通訳も)を行っている。著書に『英語で読む錦織圭』(IBCパブリッシング)、『世界は犬たちの愛で満ちている。』(泰文堂)、訳書に『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』(サンマーク出版)、『限界を乗り超える最強の心身チベット高僧が教える瞑想とランニング』(CCCメディアハウス)、『自分に自信を持つ方法』(共訳、フォレスト出版)などがある。

Twin Translations:Judy&Dagmar Jenner

Twin Translationsは、一卵性双生児のJudy Jenner氏とDagmar Jenner氏が運営する翻訳会社です。多国籍、多文化、マルチリンガルの国際的な家庭環境の中で育ち、ネバダ州ラスベガスとオーストリアのウィーンで小さな翻訳および通訳ビジネスを運営しています。オーストリア生まれのJudyとDagmarは、メキシコシティのトライリンガル家庭で育ちました。母語はドイツ語とスペイン語です。

Jose Blanco
Jose Blanco

Nora Diaz

Nora Díaz氏は、英語教育と翻訳の学士号を取得。フルタイムの英西翻訳者であり、翻訳チームのリーダーです。ヘルスケア、法律、技術、一般的なテキストを含むさまざまなトピックについて、世界中のクライアント向けに翻訳、編集、校正を行っています。また、大規模プロジェクトで連携しているメキシコ、南米、スペインの翻訳者、エディタ、校正者などから構成されるリンギストチームのリーダーでもあります。生産性への関心は、翻訳支援用の音声認識やカスタムマクロなどの生産性向上テクノロジーの継続的な開発につながっています。「Nora Díaz on Translation, Teaching and Other Stuff(翻訳、教育、その他に関するNora Díazのブログ)」というブログで、自身が学んだことを世界中の翻訳者に共有しています。

José Blanco

José Blanco氏はローカリゼーション業界向けに技術ソリューション、トレーニング、コンサルティングを提供するLocdep社の共同創設者です。同氏は、翻訳ポータルやコネクタ、パーサーの設計・導入を手掛けながら、欧州と北米で翻訳会社と企業にコンサルティングサービスを提供しています。対象業界は、政府機関、金融、自動車、航空宇宙、ライフサイエンス、テクノロジーと多岐にわたります。

Jose Blanco

SDL Tradosを支えるスタッフをご紹介します。SDL Trados Studioが世界をリードする翻訳支援ツールとしてユーザーの要件を満たし、翻訳業界で第一に選ばれるツールであり続けられるように取り組んでいる面々です。

SDL社内から...

Massimo Ghislandi

SDLのリーダーシップチーム

SDLのさまざまな部門

SDL TradosとSDLが提供するサポートの詳細

翻訳業界が行った貢献を称え、地域やコミュニティ、業界の垣根をなくそうと取り組んでいます。世界中のローカリゼーションを支える技術革新を一緒に探りましょう。