無料のGDPR関連リソース

GDPRとSDL翻訳ソフトウェアの使用について

2018年5月25日より、一般データ保護規則(GDPR)が施行されます。これは、EU居住者およびEUで個人データを扱う全企業を対象にしたデータプライバシーに関する新たな法律です。

多くのITソリューションと同様に、SDLソフトウェアの使用においても個人データを取得、処理、保管、送信することがあります。

SDLでは、GDPRに関連するさまざまなリソースをまとめています。その中には、翻訳ソフトウェアユーザーがGDPRの原則に従った作業が行えるよう、SDLがどのように支援するのかを説明したeGuideもあります。また、SDL Trados Studioで使用可能なGDPR関連アプリの詳細もご紹介しています。

eGuide:GDPRとSDL翻訳ソフトウェアの使用について

翻訳ソフトウェアの使用におけるGDPRの意味をご説明するため、次の点について取り上げた便利なeGuideを作成しました。

  • GDPRの主要コンセプトがSDLソフトウェアの使用にどのように適用されるのか
  • GDPRのプライバシーバイデザイン原則をSDLソフトウェアの使用に適用する方法
  • GDPRに定められたデータ主体の権利に準拠してSDLソフトウェアを使用する方法
  • GDPRに従って個人データを保護するためにSDLのソフトウェアがどのように役立つのか

SDL Trados StudioのGDPR関連アプリ

projectAnonymizer

projectAnonymizer 180x180

「projectAnonymizer」アプリは、翻訳プロジェクト内の個人データをタグに変換して保護する機能を追加します。

SDLXLIFF Anonymizer

SDLXLIFF Anonymizer

選択したすべてのSDLXLIFFドキュメントから、ユーザーデータなどの管理が必要な情報を削除します。

SDLXLIFF Toolkit

SDLXLIFF Toolkit

プロジェクトまたは全フォルダ内で、SDLXLIFFファイルを個別に分割、変更、削除します。