SDLアカデミックパートナープログラム

教育機関とランゲージテクノロジ業界を代表するSDLとのパートナーシップを構築します。

未来の翻訳者の育成

現在、大学の言語系学部や現代言語の学校では、言語学の理論・応用に翻訳理論・翻訳分析・翻訳テクノロジーのトレーニングを組み合わせたコースの設置が一般的になっています。

SDLでは、言語分野でのキャリアを求める学生を指導する講師と、ローカリゼーションのプロを目指す学生をサポートしたいと考えています。

SDLアカデミックプログラムは、翻訳テクノロジーの学習を取り入れた大学と連携し、言語コースに盛り込まれている翻訳支援ツールをサポートすることを目的としています。SDLは、翻訳支援ツールに関する情報、専門知識、トレーニングリソースを提供し、カリキュラムをサポートします。

SDLアカデミックパートナープログラム

教育機関、講師、学生、卒業生をサポートします。

講師および教育機関

SDLが、翻訳部門への翻訳ソフトウェアの導入やトレーニングをサポートします。
詳細はこちら

学生および卒業生

翻訳業界でのキャリア形成と将来の活躍を、SDLのツールとトレーニングで支援します。
詳細はこちら

SDLのアカデミックメンバー

SDLのアカデミックメンバー数は世界中で550を超えます。  その多くをこちらでご確認いただけます。
詳細はこちら

大学講師の声

「翻訳テクノロジーに精通していなければ、翻訳業界では働けません。 当校では、主要翻訳ソフトウェアとして、業界トップクラスのSDL Trados Studioを選びました。 優れた機能を備え、直感的で使いやすいツールです」
リール大学、Rudy Loock教授
「認定は、プロとしての経験が乏しい学生が翻訳業界を目指している場合、特に重要です。 就職活動で他大学の学生より優位に立つことができます」
Peng Wang博士 メリーランド大学
「翻訳と用語集の学習の場で最先端の用語集管理を教えたいのであれば、有益なプログラムはSDL MultiTermしかありません」
ケント州立大学、Sue Ellen Wright氏
「SDL Trados Studioによって、学生は総合的なワークフローに厳格に従って翻訳作業を進められるようになります。このワークフローがプロの翻訳者としての今後のキャリアを具体的に示してくれるため、就職活動に向けて効果的に下準備し、自身の専門性をより明確化することができます」
Marco Zappatore氏、CAT研究所非常勤教授、サレント大学