Canacom

カナダを拠点とする翻訳会社のCanacomは、ビジネスの成功を継続するためにSDL Studio GroupShareサーバーテクノロジを採用し、グローバル市場での競争力を高めています。 

同社は、ビジネスの拡大に伴いプロジェクトの大型化と複雑化が進む一方、顧客からは依然として短納期かつ限られた予算内での対応が求められていることを実感していました。 

そこで、リソースを抑えながら、生産性を向上し、管理業務に費やす時間を短縮するための方法を探っていたのです。 CanacomにおけるSDL Studio GroupShare導入の決断、新たなツールへの移行の過程、同社のビジネスにおける成果について、詳細をご確認ください。