機械翻訳とポストエディットへのパラダイムシフト:LSPの視点から

機械翻訳とポストエディットへのパラダイムシフト:LSPの視点から
企業とランゲージサービスプロバイダ(LSP)は、コストと時間の制約の中で、増え続ける翻訳量に対応できるテクノロジに期待しています。 そして、機械翻訳(自動翻訳やコンピュータ生成翻訳とも言われています)こそが、デジタル化がもたらした需要に対応し、グローバルな競争で常に優位に立つための鍵となるのです。