uplift-fragment-matching-translation-memory

upLIFTの日本語対応と翻訳メモリの互換性について

今回からこちらのブログで、SDL Trados Studioを中心としたSDLトランスレーション プロダクティビティ製品に関する実用的な情報をお届けしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

先日、SDL Trados Studio 2017 SR1(以下Studio 2017 SR1)がリリースされました。初めてのSRとなる今回のリリースでは数々のお役に立つ新機能が実装されていますが、その中のひとつに「upLIFT機能 の日本語・中国語への対応」があります。

upLIFT機能について簡単にご説明します。このテクノロジーを使用することで、翻訳対象の原文分節に対して翻訳メモリ(以下TM)に一致が見つからない場合でも、翻訳メモリ内の単語や語句の断片が検索されます。

この機能により、翻訳メモリ内にはセンテンス単位だけでなく、単語や語句単位で原文と訳文の対応関係の情報が保持されます。TMに100%一致やあいまい一致が見つからない新規の原文分節に対しても、upLIFTテクノロジーは以下のように語句の断片を既存の翻訳単位から検索し、翻訳作業を手助けしてくれます。

この機能はSDL Trados Studio 2017(以下Studio 2017)で初めて導入されたものですが、今回のStudio 2017 SR1より、日本語と中国語が正式にサポートされました。

upLIFT機能を利用するにあたり、TMがその機能に対応するよう、Studio 2017 SR1上で翻訳メモリのアップグレードが必要になります。SDL Trados Studio 2015および2017(SRなし)のバージョンで作成したTMをStudio 2017 SR1で使用する際に、以下のようなメッセージが表示され、TMのアップグレードを求められます。

具体的にはプロジェクトにTMを割り当てる時や[翻訳メモリ]ビューからTMを開く時にこのメッセージが表示されます。ここで[はい]をクリックするとアップグレードの一括処理が開始され、Studio 2017 SR1の新機能が発揮できる形でTMの準備が整います。

さて、TMの原文言語が日本語である場合、ここで注意が必要となります。

Studio 2017 SR1で一度このようにアップグレードしたTMは、SR1以前のStudio 2017あるいは2015上でそのまま使用することはできません。*

Studio 2017 SR1でupLIFTを使用するためのフラグメント整合の情報が追加されているため、この機能に対応していないバージョンのSDL Trados Studio(以下Studio)でアップグレード後のTMを使用すると、TMの一致が正しく動作しなくなってしまいます(もちろん、使用されるStudioのバージョンがすべて2017 SR1であればまったく問題はありません)。

Studio 2017 SR1でアップグレード後の翻訳メモリを以前のバージョンのStudio(SR1以前のStudio 2017あるいはStudio 2015)で再び使用する場合は、「翻訳メモリのインデックス再生成」を必ず実行してください。

翻訳メモリの設定]より[パフォーマンスと調整]の画面に、[翻訳メモリのインデックス再生成]のボタンがあります。こちらをクリックするとインデックス再生性の処理が実行され、TMアップグレード以前の一致が再び得られるようになります。

また別の方法として、アップグレード後のTMを一度TMXファイルにエクスポートし、以前のバージョンのStudioで再度作成したTMにインポートする手段もあります。翻訳メモリのインデックス再生成よりも手順は多くなってしまいますが、こちらの方法でも同様に、アップグレード前のTM一致が得られます。

以上のように、下位バージョンのSDL Trados StudioとはTMの互換に関して若干の注意が必要となりますが、新たに日本語に対応したupLIFT機能を是非お役立ていただければと思います。

*複数ユーザーによりひとつのTMをファイル共有で使用する場合に関しましては、Studio 2017 SR1と、それ以前のStudio 2017あるいはStudio 2015を混在させることはできないこともご注意ください。