sdl-trados-virtual-roadshow-banner

SDL Tradosバーチャルロードショー - 今春開催

これから開催されるSDL Tradosバーチャルロードショーのイベントについてと、その無料1日体験のメリットをご紹介します。

この困難な時代に、私たちは皆、創造性と生産性を生み出す新しい賢明な方法を探し求めています。人と接する業界では、多くのイベントがキャンセルか延期になり、オーディエンスとの関わりは最新のテクノロジーを用いたオンラインイベントで実現しています!

SDLでは、初のSDL Tradosバーチャルロードショーシリーズをこの春からオンライン配信することとなり、とてもうれしく、わくわくしています。皆様、ぜひご参加ください。

これは、非常に大きなメリットのある、革新的なプロジェクトです。言語もタイムゾーンもさまざまな世界中の皆様にSDLが幅広く関われる機会として、できるだけ多くの方々にご参加いただけるようにしたいと考えています。 

このイベントのセッションを最大限に活用していただくため、イベントと合わせて行われるライブ投票やチャットを通じて各イベントの最初から最後まで参加することをお勧めします。まず、技術的な問題や、ライセンスのサポート、一般的なお問い合わせなど、何を質問したいかをお考えください。個人翻訳者や教育者の方にも、翻訳会社や社内翻訳部門に所属の方にも、SDLのエキスパートがあらゆる疑問にオンラインでお答えします。 

ここからは、ライブのバーチャルイベントに参加されたことがない方や、オンラインのSDL Tradosバーチャルロードショーとはどのようなものかとお考えの方に、詳しくご説明しましょう。 

バーチャルイベントとは?

バーチャルイベントとは、物理的な場所ではなく仮想環境で人々が交流するオンラインイベントです。 

SDL Tradosバーチャルロードショーは有料?

完全に無料です。SDLの従来のウェビナーやロードショーと同様に、このバーチャルイベントにも無料で参加できます。

バーチャルロードショーのプログラム内容はどの日も同じ?

はい。密度が濃く視覚的なコンテンツが満載の同じ内容でお送りします。見逃すことはありません。 

内容はこちらでご確認ください。

このプログラムでは、用語集の「スーパーヒーロー」になるための重要なヒントや、柔軟で効率的な翻訳プロジェクト管理ツールなどについてご説明します。翻訳テクノロジーに関するインサイト調査の最新結果もご紹介します。さらに、午後いっぱいはSDL Tradosのエキスパートによる製品トレーニングをご利用いただけます。SDL Trados Studio 2019の新機能や最新情報を学べます。

申し込むには?

簡単です。登録ページにアクセスし、言語と日付を選択し、簡単なフォームに入力したら、[送信]をクリックするだけです。詳細は追ってお知らせします。

1日を通して参加する必要があるか?

いいえ。参加するセッションを選ぶことができます。ただし、イベント全体に参加されることをお勧めします。

内容と各セッションの説明をどなたでも都合の良いときに閲覧できます。ご自分が最も興味のあるセッションを選択して個別にご覧いただけます。SDLでは、皆様に1日を通してご参加いただきたいと考えており、くつろげる昼休みとセッション間の休み時間を設けています。

初のバーチャルロードショーシリーズでSDLが最もわくわくしていることは?

すべてが良い方向に向かい、より多くの方々にお会いできることに、本当にわくわくする思いです。従来のロードショーシリーズでは全世界を回ることはできませんから(そうしたいのはやまやまですが)。さらに、参加者からのフィードバックや、皆様へのTradosの最新機能のご紹介も、大きな喜びです。

また、ロードショーにご参加になると、各イベントと並行して行われるソーシャルメディアを使った楽しいコンペティションでご自身の創造的才能を披露するチャンスもあります(ロードショー当日の詳細については、SDLのTwitterをご確認ください)。午後に始まるテーマ別のトレーニングの前に、皆様がリラックスできるランチタイムヨガセッションも予定しています。

質問は可能?

もちろんできます。SDLでは、イベントができる限り対話形式となるように最善を尽くしております。ライブの質疑応答と、SDLアドバイザが担当するチャットルームを設けています。具体的な質問ができます。セッションと関係ない質問でもかまいません!

ロードショーの言語は?

6回のロードショーを5つの言語(英語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語)で実施します。

ロードショーをオンライン配信することを決めた理由は?

今ほど、私たちがネットワークでつながり、SDL製品や業界に関連する最新情報のすべてをお知らせすることが重要なときはありません。この勢いを持続し、ユーザーの皆様には、快適な自宅で、見慣れた顔を見て、聞き慣れた声を聞きながら、SDL製品を使用して知識とスキルを養っていただきたいと考えております。