Improved Translation Memory Matches Blog 620 X 300

SDL Trados Studio 2019 SR1で強化された翻訳メモリの使用方法

SDL Trados Studio 2019のService Release 1(SR1)の一部として翻訳メモリ(TM)エンジンが最適化され、より正確な一致訳を提示できるようになりました。これには、次のようなメリットがあります。
  • コンテキスト一致が増加し、一致の重複が減少します
  • 分節単位や語句単位の一致、一致の修正、訳語検索が改善されています
  • 語幹解釈を強化し、あいまい一致の質が向上しました。半角文字と全角文字をより正確に認識できるようになりました
  • 基本設定の変更時にTMのインデックス再生成が明確に表示されます
  • コンテキスト一致を再構築し、精度が向上しました。

このように強化された翻訳メモリを活用するには、SDL Trados Studio上で翻訳メモリをアップグレードする必要があります。SDL Trados Studioでは、オレンジ色のアイコンとツールチップによりTMのアップグレードを促す通知が表示されます。

SDL Trados Studio 2019 Service Release 1のリリースに合わせ、サプライチェーン全体でTMの一貫性を確保するため、SDL Trados Studio 2017の累積アップデート(CU15)もリリースします。これでSDL Trados Studio 2017ユーザーもSDL Trados Studio 2019と同じ強化されたTMを使用できます。

SDL Trados Studio 2015のユーザーの皆様には、それ以降のバージョンのSDL Trados Studio(2017 CU15と2019 SR1)で作成された翻訳メモリを最大限に活用していただくために、SDL AppStoreから無料の「SDL TM Compatibility Plugin」をダウンロードして、TMを変換することをお勧めしています。ただし、SDL Trados Studio 2015では、強化されたコンテキスト一致とあいまい一致をご利用いただけません。

SDL Trados Studio 2019または2017で翻訳メモリをアップグレードする方法

SDL Trados Studio 2019のSR1またはSDL Trados Studio 2017のCU15をインストールすると、TMをアップグレードできるようになります。アップグレード手順は次のとおりです。

1. [ようこそ]画面のリボンで[翻訳メモリのアップグレード]をクリックします。

2. ウィザードに1つまたは複数の翻訳メモリを追加します。

3. 指示に従ってTMをアップグレードします。

メモ:TMをプロジェクトに追加したときに[アップグレード]ボタンを使用することもできます。

TMのアップグレード後は、サプライチェーン全体で、最新のCUでアップグレードした同じバージョンのSDL Trados Studioを使用することをお勧めします。そのためには、サプライチェーン内のすべてのユーザーが次のいずれかのSDL Trados Studioバージョンにアップグレードする必要があります。

  • SDL Trados Studio 2019 SR1
  • SDL Trados Studio 2017 CU15

こうすることで、すべてのユーザーが強化されたコンテキスト一致やあいまい一致を活用できます。古いバージョンのままのSDL Trados Studio 2017または2019のユーザーが新しいTMを使用しても、TMを有効利用できません。

SDL Trados Studio 2019のService Release 1に搭載された新機能について詳しくは、こちらをクリックしてください >>