Live Chat
SDL AutoSuggest

SDL AutoSuggest

SDL Trados Studioの語句単位の一致を活用し、手動翻訳をスピードアップ

AutoSuggestの仕組み

AutoSuggestはユーザーの入力に従って候補となる訳文を提示します。 ユーザーが単語の最初の数文字を入力すると、コンテキストと訳文言語に合わせて単語や語句の候補リストが提示されます。そのリストから選択することで、単語または語句の入力を自動的に完了できます。 入力を続けると、入力された文字に応じて、表示される単語のリストが更新されます。

SDL AutoSuggestの使い方ビデオ(5分間)をご覧ください。

AutoSuggestの候補の取得元

提示される単語や語句は、以下のソースから取得されます。
  • 翻訳メモリ - 高精度の整合によって100%一致、あいまい一致、訳語検索などのTMの検索結果から翻訳単位(TU)および語句単位の候補訳が入力時に提示されます(SDL Trados Studio 2017新機能)。
  • 機械翻訳 - Google翻訳、SDL Language Cloudなど
  • SDL MultiTerm用語ベース - 翻訳またはレビュー中に用語ベースに用語を追加するだけで、すぐにAutoSuggestを利用した挿入が可能になります。
  • AutoText – 独自のAutoTextリストに自身で単語、語句、用語を手作業で追加し、そのリストをAutoSuggestで使用することができます。
  • AutoSuggest辞書 – 翻訳メモリから語句を抽出し、バイリンガルの辞書ファイルに追加し作成できます。 抽出された語句の統計的関連性を確保するためには、10,000翻訳単位(TU)以上を含む翻訳メモリが必要です。

AutoSuggest辞書の作成

SDL Trados Studio Freelanceを使用している場合、SDL AutoSuggest Creatorアドオンを購入することで、AutoSuggest辞書を作成できます。 このアドオンが購入製品に含まれているかどうかは、注文内容の詳細でご確認ください。

SDL Trados Studio Professionalを使用している場合、お使いのエディションにはSDL AutoSuggest Creatorが必ず含まれています。 AutoSuggest辞書を作成するには、TMに10,000以上の翻訳単位が必要です。

AutoSuggestの編集をセットアップするには

AutoSuggestを使用するために必要な上記のいずれかのソースがある場合、以下の手順に従ってこの機能を有効にすることができます。

  1. AutoSuggest辞書を作成するか、既存のAutoSuggest辞書を追加します。
  2. AutoTextエントリを追加します。
  3. 用語ベースを追加します。
  4. [オプション]ダイアログボックスでAutoSuggestを有効にします。
  5. 訳語提示に使用するソース(AutoSuggest辞書、用語ベース、AutoText)を有効にします。

クライアントから支給されたAutoSuggest辞書を使用するには

AutoSuggest辞書を追加するには、以下の手順に従います。

  1. AutoSuggest辞書を追加する場所を選択します。
  2. 開いたダイアログボックスで、[言語ペア]>[<原文言語> - <訳文言語>]を選択し、ナビゲーションツリーから[AutoSuggest辞書]を選択します。
  3. [追加]をクリックします。
  4. AutoSuggest辞書ファイル(*.bpm)の場所を参照してファイルを選択し、[開く]をクリックします。

辞書が選択済みAutoSuggest辞書のリストに追加されます。